駅名の読み方ならお任せあれ。他サイトをしのぐ情報を網羅

名寄本線

名寄本線

 

項目
路線名 名寄本線
ろせんめい なよろほんせん
愛称・通称名
あいしょう・つうしょうめい
区間 名寄~中湧別(1923年11月5日~1932年9月30日)
名寄~遠軽・中湧別~下湧別(1932年10月1日~1954年11月9日)
名寄~遠軽・中湧別~湧別(1954年11月10日~1989年4月30日限り)
起点 名寄(1923年11月5日~1932年9月30日)
名寄・中湧別(1932年10月1日~1989年4月30日限り)
終点 中湧別(1923年11月5日~1932年9月30日)
遠軽・下湧別(1932年10月1日~1954年11月9日)
遠軽・湧別(1954年11月10日~1989年4月30日限り)
略歴
1923年11月5日 名寄線(二代)から線名変更し開業
1932年10月1日 湧別線の内遠軽~下湧別を名寄本線に編入
1934年2月5日 社名淵駅を開盛駅に駅名変更(※1)
1947年2月11日 豊野仮乗降場開業(※2)
1947年9月10日 旭仮乗降場開業(※3)
1947年9月21日 中名寄仮乗降場開業(※4)
1947年12月25日 二ノ橋仮乗降場開業(※5)
1950年1月15日 中名寄仮乗降場・二ノ橋仮乗降場・豊野仮乗降場を
中名寄駅・二ノ橋駅・豊野駅に種別変更(※6)
1954年11月10日 下湧別駅を湧別駅に駅名変更(※7)
1955年12月1日 一区中通仮乗降場開業(※8)
1955年12月25日 一本松仮乗降場・厚生病院前仮乗降場・四号線仮乗降場開業(※9)
1956年4月30日 幸成仮乗降場開業(※10)
1956年5月1日 弘道仮乗降場開業(※11)
1956年9月1日 秋里仮乗降場・富丘仮乗降場開業(※12)
1956年9月20日 旭仮乗降場を旭駅に種別変更(※13)
1956年10月30日 矢文仮乗降場・岐阜橋仮乗降場開業(※14)
1957年8月1日 川西仮乗降場開業(※15)
1957年11月1日 北興仮乗降場開業(※16)
1957年12月3日 班渓仮乗降場開業(※17)
1959年4月20日 六興仮乗降場開業(※18)
?(年月日不詳) 学田仮乗降場開業
北興仮乗降場を「ほくこう」から「ほっこう」に読み変更(※19)
1959年11月1日 潮見町駅開業。
矢文仮乗降場・岐阜橋仮乗降場・北興仮乗降場・川西仮乗降場を一般駅に種別変更。
秋里仮乗降場を旭丘仮乗降場に駅名変更。
一区中通仮乗降場を一般駅に種別変更し共進駅に駅名変更。
学田仮乗降場を一般駅に種別変更し北遠軽駅に駅名変更(※20)
1961年3月20日 瀬戸牛駅を西興部駅に駅名変更(※21)
?(年月日不詳) 川向仮乗降場開業(※22)
1966年10月1日 厚生病院前仮乗降場廃止。
北湧仮乗降場開業(※23)
1966年?(年月日不詳) 川向仮乗降場廃止(※24)
1980年頃?(年月日不詳) 旭丘仮乗降場を旭ヶ丘仮乗降場に駅名変更(※25)
1987年4月1日 管轄が国鉄からJR北海道に移管。
幸成仮乗降場・六興仮乗降場・旭ヶ丘仮乗降場・富丘仮乗降場
・一本松仮乗降場・弘道仮乗降場・北湧仮乗降場・四号線仮乗降場を一般駅に種別変更。
班渓仮乗降場を臨時駅に種別変更(※26)
1987年12月1日 班渓駅を一般駅に種別変更(※27)
1989年4月30日限り 全線廃止

以下のタブより選択してください。

フォローする

廃線から探す

PAGETOP
Copyright © 駅名読み方大全 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.