駅名の読み方ならお任せあれ。他サイトをしのぐ情報を網羅

水郡線(二代)

水郡線

目次
項目
路線名 水郡線(二代)
ろせんめい すいぐんせん
愛称・通称名 奥久慈清流ライン
あいしょう・つうしょうめい おくくじせいりゅうらいん
区間 水戸~郡山・上菅谷~常陸太田
起点 水戸・上菅谷
終点 安積永盛・常陸太田
略歴
1934年12月4日 水郡南線水郡北線を編入し全線開業
1935年9月1日 常陸津田駅・後台駅・中菅谷駅・常陸中里駅
・常陸村田駅・常陸酒出駅・佐竹駅開業(※1)
1937年3月27日 矢祭山仮乗降場を仮停車場に種別変更(※2)
1937年11月15日 矢祭山仮停車場を一般駅に種別変更(※3)
1941年8月10日~ 常陸中里駅・常陸村田駅休止(実質廃止)。
中菅谷駅・常陸酒出駅・佐竹駅休止(※4)
1944年11月11日~ 常陸津田駅・後台駅休止(※5)
1952年5月1日 小塩江駅開業(※6)
1953年2月1日 常陸津田駅・後台駅再開業。
常陸酒出駅を南酒出駅に駅名変更し再開業(※7)
1954年5月1日 中菅谷駅再開業(※8)
1954年10月21日 佐竹駅を谷河原駅に駅名変更し再開業(※9)
1956年11月19日 野上原駅・中舟生駅開業(※10)
1957年8月1日 南石井駅開業(※11)
1958年2月1日 中豊駅開業(※12)
1959年6月1日 川辺沖駅開業(※13)
1965年10月1日 郡山操車場開業(※14)
1977年3月1日 郡山操車場を郡山貨物ターミナル駅に種別変更(※15)
1987年4月1日 管轄が国鉄からJR東日本に移管
2011年7月16日 愛称を奥久慈清流ラインとする
駅名 えきめい 種別 備考 路線名 愛称・通称名
水戸 みと 水郡線 水郡線
奥久慈清流ライン
常陸青柳 ひたちあおやぎ
常陸津田
常陸津田
→常陸津田
ひたちつだ
ひたちつだ
→ひたちつだ
※1
※5
※7
後台
後台
→後台
ごだい
ごだい
→ごだい
※1
※5
※7
下菅谷 しもすがや
中菅谷
中菅谷
→中菅谷
なかすがや
なかすがや
→なかすがや
※1
※4
※8
上菅谷 かみすがや
常陸鴻巣 ひたちこうのす
常陸中里
常陸中里
ひたちなかさと
ひたちなかさと
※1
※4
瓜連 うりづら
しず
常陸村田
常陸村田
ひたちむらた
ひたちむらた
※1
※4
常陸大宮 ひたちおおみや
玉川村 たまがわむら
野上原 のがみはら ※10
山方宿 やまがたじゅく
中舟生 なかふにゅう ※10
下小川 しもおがわ
西金 さいがね
上小川 かみおがわ
袋田 ふくろだ
常陸大子 ひたちだいご
下野宮 しものみや
矢祭山
矢祭山
→矢祭山
やまつりやま
やまつりやま
→やまつりやま
仮乗降場
仮乗降場
→一般駅
※2
※3
東館 ひがしだて
南石井 みなみいしい ※11
磐城石井 いわきいしい
磐城塙 いわきはなわ
近津 ちかつ
中豊 なかとよ ※12
磐城棚倉 いわきたなくら
磐城浅川 いわきあさかわ
里白石 さとしらいし
磐城白川 いわきいしかわ
野木沢 のぎさわ
川辺沖 かわべおき ※13
泉郷 いずみごう
川東 かわひがし
小塩江 おしおえ ※6
谷田川 やたがわ
磐城守山 いわきもりやま
安積永盛 あさかながもり
東北本線
郡山
郡山貨物ターミナル
こおりやま
こおりやまかもつたーみなる
操車場
貨物駅
※14
※15
郡山 こおりやま
駅名 えきめい 種別 備考 路線名 愛称・通称名
上菅谷 かみすがや 支線 奥久慈清流ライン
常陸酒出
常陸酒出
→南酒出
ひたちさかいで
ひたちさかいで
→みなみさかいで
※1
※4
※7
額田 ぬかだ
河合 かわい
佐竹
佐竹
→谷河原
さたけ
さたけ
→やがわら
※1
※4
※9
常陸太田 ひたちおおた
PAGETOP
Copyright © 駅名読み方大全 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.