駅名の読み方ならお任せあれ。他サイトをしのぐ情報を網羅

五能線

五能線

目次
項目
路線名 五能線
ろせんめい ごのうせん
愛称・通称名
あいしょう・つうしょうめい
区間 東能代~弘前
起点 東能代
終点 川部
略歴
1936年7月30日 能代線五所川原線を編入し、全線開業
1940年11月1日 津軽湊駅・陸奥亀田駅・掛落林駅・豊蒔駅・和徳駅廃止(※1)
1943年6月15日 機織駅を東能代駅に、羽後東雲駅を北能代駅に駅名変更(※2)
1945年6月10日~ 林崎駅休止(※3)
1946年6月10日 林崎駅再開業(※4)
1949年2月1日 向能代仮乗降場開業(※5)
1949年4月1日? 横磯仮乗降場・風合瀬仮乗降場開業(※6)
1952年1月25日 向能代仮乗降場を一般駅に種別変更(※7)
1952年6月1日 陸奥黒崎駅開業(※8)
1953年6月1日 陸奥柳田駅開業(※9)
1954年7月7日 千畳敷仮乗降場開業(※10)
1954年11月20日 越水駅開業。
風合瀬仮乗降場を一般駅に種別変更(※11)
1954年12月25日 広戸駅開業。
横磯仮乗降場を一般駅に種別変更(※12)
1956年11月30日 中田駅開業(※13)
1959年9月15日 十二湖仮乗降場開業(※14)
1959年10月1日 八森駅(初代)を東八森駅に駅名変更(※15)
1959年11月1日 椿駅を八森駅(二代)に駅名変更(※16)
1960年12月1日 鳥形駅開業(※17)
1963年4月20日 滝ノ間駅開業(※18)
1969年10月1日 十二湖仮乗降場・千畳敷仮乗降場を臨時乗降場に種別変更(※19)
1987年4月1日 管轄が国鉄からJR東日本に移管。
十二湖臨時乗降場・千畳敷臨時乗降場を臨時駅に種別変更(※20)
1987年10月1日 千畳敷駅を臨時駅から一般駅に種別変更(※21)
1988年2月1日 十二湖駅を臨時駅から一般駅に種別変更(※22)
1997年10月1日 あきた白神駅開業(※23)
2000年12月2日 陸奥黒崎駅を白神岳登山口駅に駅名変更(※24)
2001年12月1日 ウェスパ椿山駅開業(※25)
駅名 えきめい 種別 備考 路線名 愛称・通称名
機織
→東能代
はたおり
→ひがしのしろ
※2 五能線 五能線
能代(二代) のしろ
向能代
→向能代
むかいのしろ
→むかいのしろ
仮乗降場
→一般駅
※5
※7
羽後東雲
→北能代
うごしののめ
→きたのしろ
※2
鳥形 とりがた ※17
沢目 さわめ
八森(初代)
→東八森
はちもり
→ひがしはちもり
※15
椿
→八森(二代)
つばき
→はちもり
※16
滝ノ間 たきのま ※18
あきた白神 あきたしらかみ ※23
岩館 いわだて
大間越 おおまごし
陸奥黒崎
→白神岳登山口
むつくろさき
→しらかみだけとざんぐち
※8
※24
松神 まつかみ
十二湖
十二湖
十二湖
→十二湖
じゅうにこ
じゅうにこ
じゅうにこ
→じゅうにこ
仮乗降場
臨時駅
臨時駅
→一般駅
※14
※19
※20
※22
陸奥岩崎 むついわさき
陸奥沢辺 むつさわべ
ウェスパ椿山 うぇすぱつばきやま ※25
艫作 へなし
横磯
→横磯
よこいそ
→よこいそ
仮乗降場
→一般駅
※6
※12
深浦 ふかうら
広戸 ひろと ※12
追良瀬 おいらせ
驫木 とどろき
風合瀬
→風合瀬
かそせ
→かそせ
仮乗降場
→一般駅
※6
※11
大戸瀬 おおどせ
千畳敷
千畳敷
千畳敷
→千畳敷
せんじょうじき
せんじょうじき
せんじょうじき
→せんじょうじき
仮乗降場
臨時駅
臨時駅
→一般駅
※10
※19
※20
※21
北金ケ沢 きたかねがさわ
陸奥柳田 むつやなぎた ※9
陸奥赤石 むつあかいし
鯵ケ沢 あじがさわ
鳴沢 なるさわ
越水 こしみず ※11
陸奥森田 むつもりた
中田 なかた ※13
木造 きづくり
五所川原 ごしょがわら
津軽湊
津軽湊
つがるみなと
つがるみなと
※1
陸奥亀田
陸奥亀田
むつかめだ
むつかめだ
※1
陸奥鶴田 むつつるだ
鶴泊 つるどまり
掛落林
掛落林
かけおちばやし
かけおちばやし
※1
板柳 いたやなぎ
林崎
林崎
→林崎
はやしざき
はやしざき
→はやしざき
※3
※4
藤崎 ふじさき
川部 かわべ
奥羽本線
豊蒔
豊蒔
とよまき
とよまき
※1
撫牛子 ないじょうし
和徳
和徳
わとく
わとく
※1
弘前 ひろさき
PAGETOP
Copyright © 駅名読み方大全 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.